水虫菌の撃退ナビ 【水虫を早く治したい】

水虫の概要

水虫という病気は、みんな聞いたことがあるでしょう。

 

なったことはなくても、漠然と足がとても痒くなる病気と思っている
人もいるかもしれませんね。

 

でも実際にはどんな病気か、原因までは詳しく知らないかもしれません。

 

水虫は「足白癬(あしはくせん)」という病気で、足の皮膚が白癬菌
(はくせんきん)という菌に感染して発症します。

 

この白癬菌は一度感染すると凄いスピードで皮膚が侵食されてしまい、
人間の自然治癒では追いつかなくなります。

 

それでもあまり感染力は強いほうではありません。

 

足に菌がついてしまっても、健康な人であれば一定の圧力下で一定期間経過し
ないと発症しませんし、24時間以内に水で洗い流せば落ちてしまいます。

 

湿気と暖かさがとにかく大好きな菌なので、裸足でいるのが一番良いと言われ
ています。

 

その代わり、裸足は菌に直接触れる機会が多いので、まめに洗って乾燥させる
必要があります。

 

靴下を活用するなら通気性の良い靴下を選ぶと良いでしょう。

 

この菌は湿度70%以上、温度20度以上の環境を一番好みますので、靴下が汗で
蒸れていると天国のような住み心地になってしまいます。

 

ビジネスマンが1日じゅう蒸れた靴下を革靴の中に押し込んでいるような状態は
白癬菌にとっては理想中の理想空間です。

 

また、女性がストッキングにブーツなどを履いていると、圧力も加わって菌に
は繁殖の好都合な環境です。

 

ブーツなど蒸れやすい靴の場合は中が蒸れないように乾燥させたり、同じ靴を
毎日履かないように気をつけましょう。

 

中2日は最低でも空けて靴をローテーションするようにしたいものですね。

 

とにかく白癬菌は一度度感染すると完治までの道のりが非常に長い病気です。
とにかく伝染しないように気をつけたいものですね。

 
  • (2017/08/22)症 状を更新しました